こんにちは、たろおです。

8月末にコンサルティングを開始した、岡山のMさんから、
月間26万PVの報告を頂きました。

私はアクセスアップとブログ戦略についてお話してきたのですが、
ASP広告のアフィリエイトに応用されて、12月に月30万円を突破されました。

キーワードはブログへの入り口です。

思うようにアクセスを集められるようになれば、
出口となるキャッシュポイントの可能性も広がるのですね。

着手すべき優先順位の付け方が分かれば、いくらでも応用できます。

Mさん、本当におめでとうございます!

P.S.
Skypeで5時間話したのは、あっという間でしたねw
懐かしいです^^

==========================================

【ここからMさんの感想です】

たろさん、お世話になります!

もうすぐ年末、8月末のコンサル開始から早いものでもう4か月が経ちました。
スタート時に月間15万PVだったサイトは現在月間26万PVに育ちました!!

これもひとえにたろさんの指導の賜物です!!感謝感謝です!!!

この4か月を自分なりに振り返ってみると、大きな変化が3つありました。
とくに大きかったのは【キーワードの選び方】に対する意識の変化です。

①3語で1位⇒2語で1位表示を狙う
②すでに上位表示されているキーワードのズラし
③2-3ヶ月先の季節系キーワードを狙う
④通年ネタ:季節ネタ=2:8で仕込む
⑤悩みの1つ外側のキーワードを狙う

こうした意識で選んだキーワード記事は公開2か月ほどで
検索結果の1位~3位に入り短期間でのPVアップに大きく貢献してくれました。

打ち明けると、コンサルを受けるまでは正直「狙って上げる」という感覚はなく
「たまたま上がった」という感じでしたww

なので、もちろん狙うキーワードの「優先順位」など意識したこともなく…。

今は着手すべきキーワードに優先度がつけられるので作業の手が止まることなく、
効率的にアクセスアップが図れるようになりました。

ありがとうございます!!

そして、2つめの変化は【読者目線で考える】という点です。

これまでだと「ダイエット+〇〇」「薄毛+〇〇」のように
ベタで競合の強いキーワードしか考えられませんでしたが、

「どんな人が悩んでいるか?」「どんなきっかけで悩みだしたか?」という
1つ外側のニーズに広げて発想する習慣がついてからは、
選んだキーワードとコンテンツ内容がマッチするようになり、記事の滞在時間が長くなりました。

滞在時間が長くなれば、Googleからの評価も上がるため
検索順位の上位に表示されるようになる―。

実際にそうなりました(^^)

最後は【Webの読者と紙媒体の読者の違い】という視点の変化です。
これまではどうしても書籍・レポートなど紙媒体の書き方に準じていました。

「はじめに⇒1章⇒2章⇒3章⇒結論⇒まとめ」的なヤツです。

ですが、Webの読者はせっかちなので、
この書き方だと欲しい情報がパッと目に入らず離脱してしまう。

そうならないために、記事はいきなり結論から書く「逆ピラミッド型」で作るべき―。

フックに余計なことをズラズラ書かず、可能な限りシンプルに本題へ導入せよ。

そんなこと今まで一度も考えたことがありませんでした。
自分が読み手になったときのことを考えればわかるはずなのに、
記事を作成する発信者目線でしか考えられておらずすっかり欠落していました。

自己満記事でしたねwww

そんな僕でも4か月間たろさんのアドバイスに従って
記事を作成し続けてきたおかげで改善できました。

冒頭の15万PV⇒26万PVという結果がその証拠です!!

課題や心配ごとがあり過ぎて、1回のSkypeが最高5時間ということもあったりしましたが、
「全力でクライアントに結果を出させるのがコンサルタントの仕事ですから」と
嫌な顔一つせずに出し惜しみなくノウハウを伝授してくださるたろさんに感謝感激です!!

是非ぜひ、今後ともご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします!!!!!

==========================================

morisankansou1 morisankansou2