ブログのアクセスを最低でも月10万PVまで増やしたい

月10万円以上のアフィリエイト収入を得たい

ブログ記事の感想を書いてくれるようなファンを増やしたい

自分のサービスが勝手に売れていく自動化の仕組みを構築したい

そんな悩みを持つあなたへ

書けば書くほど

ブログのアクセスを増やし、

ファンをおもしろいように引き寄せ、

売り込みなしで利益が自動化できる

資産型のライティングを実践しませんか?

ライティングにはテクニックを駆使したライティングと、ユーザーの気持ちに寄り添うライティングの2種類があります。もしあなたが、長期的に稼ぎ続けたいなら、ユーザーの気持ちに寄り添うライティングをおすすめします。人の心理は何千年経っても変わらない本質的なものだからです。

もしあなたが、

  • 狙ったキーワードでブログにアクセスを増やしたい
  • 外注ライターへ上手な指示を出せるようになりたい
  • ブログでファンを増やしたい

という悩みをお持ちなのであれば、

しっかりとユーザーの気持ちに寄り添うライティング

を理解することをおすすめします。

なぜなら、ユーザー心理を捉えたライティングを覚えると、以下のメリットが得られるからです。

  • 記事を書くのが楽しくなるので、短い時間で記事を書けるようになります
  • 効率よく記事数を増やせるので、ますますアクセスが増えていくようになります
  • ライティングを理解すれば、外注ライターへの指示が上手になります
  • 感想がもらえたり、反応率の高い記事を書けるようになります
  • リピーターを増やせるようになり、あなたのファンを増やせるようになります
  • 心に響く文章が書けるようになります
  • 売り込まなくても商品やサービスが売れやすくなります

ユーザー目線がなぜ必要なのか?

この度は本教材『ユーザー目線ライティング』に興味を持ってくださり、ありがとうございます。

教材制作&販売者の小川善太郎と申します。

私はブログやメルマガでライティングを日々実践しています。

今まで、200万円以上の金額を投資してライティングを学んできましたが、この教材ではそのエッセンスをお届けいたします。

ユーザー目線を学ぶべき最大の理由

今や、ライティングを勉強する環境は巷にあふれています。

ちょっと大きい書店に足を運ぶと、ライティングに関する本がたくさん並んでいますし、インターネットで検索すると、ライティングを勉強する高額の講座もあちこちで開催されています。

そして、ちょっと学ぶと気付くと思います。

ライティングテクニックにはどこで学んでも大差がない、ということが。

つまり、テクニックはすでに世に出回っているんですね。

しかし、ここからが肝心なことなのですが、同じテクニックを使っているのに、結果を出す人と出せない人がいるのです。

あなたは、なぜだと思いますか?

不思議だと思いませんか?

理由は、知識があるだけで実践できていないからです。

知識を知ってる、のと、知識を使いこなせる、のは雲泥の差があるのです。

では、どうやったら知識を使いこなすことができるのか

テクニックを使いこなすためには、人間心理を理解する必要があります。

テクニックとはあくまでも表面をきれいに見せるもの。

しかし、大事なのは表面上の見せかけよりも中身ですよね。

その中身こそが、相手の気持ちに響くパワーになるからです。

たとえば、字が下手な人が手書きではがきを書いたとしても、丁寧に書けば、味がある温かみがある中身が、相手の心に届きますよね。

つまり、見た目以上に、中身が大事なのです。

中身の理解=人間心理の理解

なのです。

でも、もしかして人間心理の学び方を間違えてませんか?

「よし!人間心理を学んでみよう!」

そう考えて、心理学の本を読み始めるかもしれません。

しかし、心理学もライティングと同じく、知識をいくら入れても意味がありません。

実践の中で使いこなせなければ、価値を生み出せないからです。

たとえば、こういう人たちがいます。

  • 人の気持ちが読めない心理カウンセラー
  • 傾聴ができないメンタルコーチ
  • ノウハウを押し付けるコンサルやセミナー講師

専門的な知識やテクニックはたくさん持っているのに、人の気持ちを専門的な知識で決めつけてしまうような人です。

こんな心理カウンセラーやコーチやコンサルが、果たして人の心理を理解していると言えるのでしょうか?

はなはだ疑問です。

実際にアメリカでも、心理カウンセリングによって人間心理を決めつけることで、冤罪が発生する事件が増えており、社会問題になっています。

人の心理を決めつけるのは怖いことです。

私たちは頭でっかちの専門家になってはいけません。

狙った結果を出せる実践家

にならないといけないのです。

ユーザー目線のコツはセルフコントロール

では、人間心理をライティングで実践に活かすには何が必要なのか、というと、自分の心理を理解して、なおかつコントロールすることです。

つまり、セルフコントロール。

セルフコントロールができるようになれば、ライティング力が跳ね上がります。

その理由は少し考えてみると分かります。

先ほど、ユーザー目線ライティングとは、人間心理を理解して、相手の心に言葉を届けるライティングだとお伝えしました。

しかし、もしも、自分の心理を把握していないとしたら?

自分のことすらできないくせに、他人の気持ちが分かるはずがないですよね。

つまり、自分の心理を把握していない人が、いくらライティングテクニックを学んだとしても、表面の見せかけを整えることしかできないのです。

そんな見せかけの文章を読んで、誰が信頼するでしょうか?

信頼できない記事を誰が好んで読みたいと思うでしょうか?

信頼するには信頼するに値する中身が必要です。

そのために、まずは自分の心理を理解すること、つまり、セルフコントロールをすることが必要不可欠なのです。

自分の気持ちが分かると、他人の気持ちも想像することができるようになります。

人間心理を理解して、ライティングに活用すること。

これが、ユーザー目線ライティングの本質です。

ユーザー目線ライティングを実践した結果

私はユーザー目線ライティングを、ブログやメルマガで実践してきました。

今も実践し続けています。

その結果、

  • 月間100万PVのブログ
  • 成約率10%のステップメール
  • リアル店舗のホームページコンサルで反応率4倍

を実現することができました。

私は、その理由はユーザー目線にある、と確信しています。

金銭的な結果だけではなく、感想や喜びの声をいただくことも増えてきているからです。

お金だけでなく、信頼と感謝を稼いでこそ、長期的に稼ぎ続けるライティングであると信じています。

さらに、Googleで上位表示できるブログ記事も、中身がしっかりしている記事です。

アクセスを集めるためにも、中身の質こそが重要なのです。

テクニック至上主義の時代はすでに終焉を迎えました。

心に届く言葉で書かれている、真に役に立つ記事こそが求められる時代なのです。

今まではセミナーとコンサルでノウハウをお伝えしてきました。

当初、私のライティングノウハウがどのくらい価値があるのか、自分では判断できませんでした。

確かに私自身は結果を出すことができました。

しかし、他人からどのように価値を感じていただけるかが分からなかったのです。

そこで、私のノウハウの価値をユーザー目線で判断するために、セミナーを東京、大阪、福岡で開催してきました。

セミナー参加者様の感想やその後の成果報告をいただくことで、ようやく価値が判断できるようになりました。

また、私のノウハウ自体をブラッシュアップして、ようやく実践家としてのライティング教材を完成することができました。

それが今回ご案内する

『ユーザー目線ライティング』

です。

セミナーでの指導、コンサルティング指導経験のエッセンスを詰め込みました。

リアル店舗のコンサルティングででも、検索上位を実現することはもちろん、問い合わせ数を4倍に増やすことができました。

ネットビジネス、リアル店舗ビジネスに限らず、あらゆるライティングに使える王道のノウハウをお伝えいたします。

『ユーザ目線ライティング』の内容

ユーザー目線ライティングは、動画セミナー形式の教材です。

第1章~第5章まで下記の内容を学ぶことができます。

第1章:ユーザー目線とは?

  • ユーザー目線を得るとどのようなメリットがあるか
  • 意識しないとユーザー目線を使いこなすことができない理由
  • 人それぞれの価値観をどのように整理すればいいか
  • 高校生がに「リーダーシップがあると思うか?」と質問したらどういう反応をする?
  • 効率よく学びを深める、学びの階層とは?

第2章:ライティングの原則

  • ライティングの3つの原則とは?
  • 稼ぐライティングの共通点
  • なぜユーザー目線を得るとマーケティングスキルが上がるのか

第3章:ブログライティングでユーザー目線を実践する方法

  • ライティングはリサーチが命
  • 見出し1の役割とは?
  • 見出し2以降の役割とは?
  • 「水ぼうそう 予防注射 副作用」のキーワードのケーススタディ
  • ルールに縛られずに自由な発想を得る方法

第4章:ユーザー目線のベースとなる未来思考

  • 価値がある情報を届けるとは具体的にどういうことか?
  • ライティングが上達する人の共通点とは?
  • 日常の思考のクセをどのようにブラッシュアップすればいいか
  • 未来思考を身につける方法
  • 分かりやすいライティングの正体とは?
  • 幸福を感じる人間心理のメカニズム

第5章:ユーザー目線の思考を身に付ける方法

  • 理屈で判断せずに、感性を大事にする方法
  • 自分を知って想像力を鍛える方法
  • ユーザー目線の思考を身につける具体的な練習方法

追加1:ライティングをどこまでこだわるべきか?

  • ライティングの目的によって変える必要がある
  • こだわるための2つのツールとは?
  • 枝葉に凝りすぎずに、全体のコスパを考える方法

追加2:ユーザー目線ライティング~応用編~

  • 基本が分かれば応用ができる
  • ブログ以外のWeb媒体の活用方法&活用事例
  • 自分に必要なWeb媒体の選び方
  • DRMの活用事例

そして具体例もインプットしよう

動画セミナーを見るだけだと、考え方が理解できても、実践できるようにはなりません。

知識を得る、のと、知識を使いこなす、の違いを埋められないからです。

ではどうすればいいかというと、具体例のインプット、です。

具体例をインプットすることで、疑似体験をすることができるからです。

『ユーザー目線ライティング』では、効率よく具体例をインプットしていただくために、私がコンサルで指導しているのと同じ観点で添削する動画をセットでお付けすることにしました。

基本的な理解+具体例

このセットで学ぶからこそ、深い落とし込みが効率よく実現できます。

学んだ後は、すぐに実践に移してください。

気になる価格ですが・・・

私のセミナーは2時間5,000円で開催しています。

そのセミナー4回分の内容ですから、20,000円分の内容を詰め込んでいることになります。

さらに、具体例のインプットとして、実際の添削動画を7本ご覧になることができます。

この添削動画では、コンサルと同様の効果を狙っています。

もちろん、具体的な事例を増やすための最もよい方法は、リアルでグループコンサルを受けることです。

しかし、タイミングも場所も合わせないといけないのが大きなハードルになってしまいます。

さらに、費用的にも私のグループコンサルは12,000円ですし、個別コンサルだと1時間20,000円です。

そこで、7本の添削動画を作りました。

さらに、ビフォーとアフターの記事も見れるようにして、解釈のズレを生む余地をなくしました。

グループコンサルでよく出てきた共通点を、実際のライターさんが書いた記事を題材にして解説しましたので、すぐに実践に活かすことが可能です。

7本の添削動画

ビフォーアフター記事

をご覧になると、短時間で一気に経験値を積むことができるため、あなたのユーザー目線を加速させるブーストの役割を果たしてくれます。

 

いかがでしょうか?

 

このセミナー4回分と添削動画7本の価値を、ご理解いただけましたでしょうか?

 

この教材をいくらで販売するか迷いました。

私は、教材を購入される方には「ぜひとも実践して結果を出していただきたい!」といつも考えています。

結果に繋がらなければ、何をどれだけ学んでも時間のムダですからね。

私自身、だいぶ回り道をしてしまった経験があるので、あなたにはムダなことをせずに、ショートカットして結果を手に入れていただきたいのです。

もちろん実践しないと結果は出ません。

しかし、実践する人であれば、着実に結果につながるのがライティングです。

ですから「実践して結果を出したい!」と本気で取り組むあなたにこそ、手に入れていただきたいと思っています。

つまり、

未来のあなた自身への投資のため

に購入していただきたいのです。

未来のあなたとは、相手の気持ちに寄り添うライティングで

  • アクセスを稼ぎ
  • 信頼を稼ぎ
  • 感謝を稼ぎ
  • お金を稼ぐ

あなたです。

購入する前に、一度よく考えてみてください。

そして、もしあなたが

「未来のあなたには投資する価値がある!」

と思われたのであれば、ご購入ください。

 

教材の価格は

8,800円

です。

 

さらに、特典も2つ用意しています。

特典1:1記事添削サービス

添削動画を7本お送りいたしますが、それは他人の記事の添削です。

ですから、他人の記事の添削動画を見るだけではなく、あなたの記事も1記事添削をさせていただきます。

購入された方に、添削依頼のフォーマットをお知らせいたします。

特典2:アフィリエイト報酬80%

2つ目の購入者特典として、アフィリエイト報酬を80%に設定させていただきます。

あなたが、誰か1人に紹介するだけで、ほぼ元が取れてしまいます。

 

>>今すぐ購入する

 

 

■過去のセミナー参加者の感想

「気軽に記事をどんどん書けそうです」

いつもPCの前に座って、さあどうやって記事を書こうかと悩んでいたのですが、”誰に”、”何を”という2点を常に考え自分の経験、考えを織り交ぜていけば意外に気軽に記事をどんどん書けそうです。

「目的から見直す必要を感じました」

戦略的思考として、どうしてサイトで稼ぐのか?という根本から明確化させて、記事を書かなければ生活できなくなるという状況でライティングするのではなく、その目的の為に、何が必要なのか?というところから見直そうと思います。

「ただ苦しいだけの作業から抜け出せました」

頭の中でモヤモヤしていたことが・・・毎日の作業の中で、迷っていたことが・・・すごくスッキリしました♪とくに、迷走しまくっていた冒頭の書き方。「相手が目の前にいると思って!」の一言で、冒頭文はもちろん、その他の記事の書き方についても
一筋の光が差し込んだ感じです。すぐさま過去記事をすべて修正したい気分になりました。(実際にやっていきます!)それと、戦略的思考・・何のための作業なのか、何を成し遂げるための作業なのか・・。すっかり忘れて、ただただ苦しいだけの作業になっていることに気づけたことも、私にはすごく大きな成果でした。

「ライティングって素敵!」

ライティングは、読んでくれる人をいい未来にへ連れて行く!!って素敵な言葉ですね。

「想像力と共感力が大事ですね」

ユーザー目線で記事を書くというのは、頭で理解しても、腹に落とすのが難しいです。ユーザー目線を鍛えるためには、「自分の頭で考える」習慣をつける必要がありますが、自分はここが弱いなあと感じながら、お話を聞いておりました。自分の頭で考えるというのは、なかなかしんどい作業だし、ラクをしたいし、失敗したくないから、正解を知っていそうな人に教えてもらいたいという気持ちが働いてしまいます。だけど、ライティングに限らず、ビジネスでも人生でも成果を上げるためには、「自分の頭で考える」ということが必要条件ですね。自分の頭で考えるために必要なのが「想像力」と「共感力」でしょうか。ユーザーが何を求めているか深いところまで想像して、ユーザーが置かれている状態に共感することが、読んでもらう文章を書く秘訣だなと感じました。

■よくあるQ&A

ライティングに時間がかかって困っています。ライティングのスピードをあげることができますか?
ライティングで時間がかかる原因は、何を書くかを決めていないケースがほとんどです。スピードアップするためのライティングの方法についても学んでいただくことができます。
ライティングが苦手な私でも理解できますか?
私が開催したセミナー参加者の感想が参考になると思いますが、初心者にとっても、経験者にとっても気付きが得られる内容になっています。
ライティングを学ぶだけで本当にブログのアクセスが増えるのですか?
ユーザー目線のライティングはGoogleで上位表示させるために、日々進化していますので、確実に必要な要素です。今後はますますテクニックよりも、本当の意味で役に立つ記事が有利になっていくと予想されます。
ブログのライティングだけにしか活用できないノウハウでしょうか?
いいえ、ブログを中心に解説していますが、ユーザー目線ライティングはあらゆるライティングで使えるスキルです。私はブログ、メルマガ、チラシなどにも応用しています。
返金保証はありますか?
申し訳ありませんが、返金保証は付けていません。最初から返金保証を期待すると結果が出にくくなるためです。ご購入するかどうかについては、未来のあなた自身に投資するかどうか、でご判断ください。

『ユーザー目線ライティング』

■本編

  • 第1章:ユーザー目線とは?
  • 第2章:ライティングの原則
  • 第3章:ブログライティングでユーザー目線を実践する方法
  • 第4章:ユーザー目線のベースとなる未来思考
  • 第5章:ユーザー目線の思考を身に付ける方法

 

■プラスα編

  • 追加1:ライティングをどこまでこだわるべきか?
  • 追加2:ユーザー目線ライティング~応用編~

 

■特典

  • その1:1記事添削サービス(購入後3ケ月以内、お一人1記事まで)
  • その2:アフィリエイト報酬率80%の権利

 

■その他

  • 教材内容:動画15本(約1時間50分)、PDF42ページ
  • ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから案内書PDFをダウンロードしてください。
  • 教材は会員サイト内で閲覧できます。

 

>>今すぐ購入する

 

 

追伸

テクニック至上主義でライティングをすると、どうしても臭みが残ってしまいます。

感情を操作するような嫌らしさですね。

それでは自分自身が堂々と取り組むことができません。

親に見せても子供に見せても友達に見せても自慢できるライティングとは、テクニックよりも相手の気持ちを大事にするユーザー目線ライティングです。

追伸2

私は最初はブログのアフィリエイトからネットビジネスをスタートしました。

ですが、ライティングの幅を広げたいと思うようになり、リアル店舗のホームページのコンサルをするようになりました。

人と人のつながりを考えると、ネットだけで完結してしまうとどうしても見えない部分がでてきます。

そこの理解を深めたかったのです。

リアル店舗の集客でも実際に結果が出るようになってからは、ユーザー目線ライティングの自信を深めることができました。

追伸3

ユーザー目線ライティングを実践していくと、派生的な結果が出ることが多いです。

たとえば、

  • 技術職の会社員の方が、上司に提出する報告書の書き方を変えることで、昇進することができた
  • 営業職の会社員の方が、営業成績が全国2位になった

などの喜びの声をいただきます。

なぜかというと、相手の気持ちに寄り添う言葉の使い方を実践するので、普段のコミュニケーションスキル、対面のセールススキルも上がるからです。

言葉の本質を理解することで、応用範囲が広いスキルを身に付けることができます。

ユーザー目線ライティングは、ブログのアクセスを稼ぎ、信頼を稼ぎ、感謝を稼ぎ、お金を稼げるライティングスキルですが、それは基本型に過ぎません。

この基本を理解すると、セールスコピーライティング、オプトインページ、メルマガ、SNS、など幅広いライティングに応用ができるようになります。

その応用編についても、解説をしています。

 

『ユーザー目線ライティング』

■本編

  • 第1章:ユーザー目線とは?
  • 第2章:ライティングの原則
  • 第3章:ブログライティングでユーザー目線を実践する方法
  • 第4章:ユーザー目線のベースとなる未来思考
  • 第5章:ユーザー目線の思考を身に付ける方法

 

■プラスα編

  • 追加1:ライティングをどこまでこだわるべきか?
  • 追加2:ユーザー目線ライティング~応用編~

 

■特典

  • その1:1記事添削サービス(購入後3ケ月以内、お一人1記事まで)
  • その2:アフィリエイト報酬率80%の権利

 

■その他

  • 教材内容:動画15本(約1時間50分)、PDF42ページ
  • ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから案内書PDFをダウンロードしてください。
  • 教材は会員サイト内で閲覧できます。

 

>>今すぐ購入する

 

 

特定商取引法に基づく表記

ページの先頭へ