素晴らしいサービスや商品を持っているのに、なかなか稼げない・・・

という人はとてもたくさんいます。

最近は、セミナーなどのリアルビジネスを手掛けるようになり、
いろんなイベントに参加するようになりました。

そこで、参加者の方と話していてよく感じるのが、
「(悪い意味で)みんな勉強が好きなんだな」ということです。

そして、自分が勉強すれば、
稼げるようになると勘違いしている人が多いです。

いくら勉強しても、その価値を周りに認めてもらわないと
稼げるようにはなりません。

今回お伝えしたいことは、
私が成れる会で学んだ「稼ぐ」という考え方について、です。

相手に価値を受け取ってもらう。そしてその報酬として稼ぐ。

という、ビジネス本来の意味での「稼ぐ」についての考え方です。

最初に価値を伝えるということを考えてみる

売れているモノがすべて品質が最高かというと、
そういうわけではありません。

しかし、いいものに限ってなかなか広まらないし、売れていかない。

これが紛れもない現実です。

しかし、こんな現実を見るととても悔しくなりますよね。

私は「いいモノを正しく売れるようになりたい!」とずっと思っていました。

そうなる自分になるために、
成れる会で学んだことをどのように活かしているかというと、
まず最初に自分の思いをちょっと離れて見るようになったんです。

売れていないという事実をありのまま受け止める

売れていないということは、
価値が伝わっていない以外の何物でもありません。

価値が伝わればどんなものでも絶対に売れます。

ましてや、いいモノであればなおさらです。

それが売れないということは、
価値の伝え方がどこか不十分だからなのですね。

売れないのを周りのせいにするのか、
それとも自分の成長の糧にするのか。

ここがビジネスで稼げるかどうかの分水嶺です。

相手のために真剣になると、受け取る側の想いを考えないわけにはいかない

自分の思いを伝えることも大事ですし、
相手がどのように受け取ったかを確認することも大事です。

相手に伝わる言い方をしなければならないですし、
相手に伝わる伝達手段を選ばなければなりません。

たとえば、同じ内容でも、

  • 対面で話すべきなのか。
  • 手書きの手紙で伝えるべきなのか。
  • Eメールで伝えるべきなのか。
  • 動画で伝えるべきなのか。

伝える内容が同じでも、伝わり方が随分と違うと思いませんか?

伝え方を間違えると、価値が相手に伝わらない。

つまり、稼げない。

ということになってしまうわけですね。

以前にも、成れる会の共通言語に「You目線」があることをお伝えしました。

この「You目線」をどのレベルで見えているのか、ということです。

You目線かどうかをチェックするポイント

自分がYou目線になっているかどうかは、
自分の頭で考えて分かることではありません。

周囲からのフィードバックをもらうことで、初めて自分のことが見えてきます。

そのためには、まず最初に自分から発信する必要があります。

そして、その発信した内容が相手にどう受け取られたか、
を必ず振り返るということです。

もしあなたが相手からの視点を元に振り返る習慣がないと、
いくらがんばっても自分の視点が増えることはありませんし、
成長することもできません。

何かあなたの思いを伝えた時には、
相手がどう思ったのかを確認することが、
成長速度を上げるコツです。

伝える内容の振り返りは2つのポイントがある

伝え方が間違っていないのに価値が伝わらない
という時はメッセージ自体の問題が考えられます。

では、メッセージ自体の内容はどのように振り返ればいいのでしょうか?

1)あなたの想いがあいまい

まず最初は、あなたが伝えたい内容がそもそも分かりにくいということ。

あなたの想いがあいまいだと、当然相手にも伝わりにくいです。

あなたは何を伝えたいのか。

分かりやすい言葉でシンプルに伝えるようにしましょう。

2)相手にとってのメリットが分からない

いくらあなたの想いが分かりやすくても、
それが相手にとってどんなメリットがあるのかが分からなければ、
価値としては感じられません。

どうすれば価値を感じることができるかというと、
相手にとってどんなメリットがあるのか、
そして、どんなデメリットを回避することができるのかということ、です。

あなたが伝えたいことを相手が聞くことで、
相手にどのような良い事があるのかを、伝えるようにしてください。

「稼げない=価値がつたわってない」ということ

稼ぐために勉強しているはずが、よく見てみると、
成長しているつもりになっている人がとても多いです。

そういう場合は、一生懸命がんばっているのに結果は出ません。

成れる会の共通言語でいう「全力で横ばい」状態です。

社会に価値を提供したいという自分発信ではなく、
周りから刺激をもらいたいという受け身で勉強してしまうと
「全力で横ばい」状態に陥ってしまいます。

趣味として楽しみたいならいいのですが、
もしあなたがビジネスにしたいのであれば、かなりの遠回りです。

まずは、あなたが伝えたい事をシンプルに伝えてみてください。

そして、周りからの反応に耳を傾けてください。

このプロセスを経て、自分の視点を増やし、
あなたが人間的に成長した分だけ、
自分の価値を分かりやすく丁寧に届けられるようになります。

そうなると、相手に感謝されながら稼ぐ、
というビジネス本来の姿に近づいていくことができるのですね。

ですから、一日一日の積み重ねが勝負です。

今日はどんな視点を増やすことができたのか?

ちょっとの積み重ねが、あなたのビジネスに結果に直結していきます
ので、あらゆる出来事を成長の糧にしていきたいものですね。

次回は、あなたの理解を越えるモノを受け入れることの大切さ、
についてお伝えしていきます。

成れる会の体験談のまとめ

https://tarosan01.com/tag/narerukai/