アクセスアップ講座『キーワードが命』の3回目です。

狙い目のキーワードを決めるためには、
検索ボリュームのリサーチと、競合チェックを外すことができません。

前回の講座で、キーワード選びの戦略を解説しましたので、
今回は具体的なリサーチという戦術面に入っていきたいと思います。

キーワードのリサーチと競合チェック2つの原則

まず、キーワード選びの原則のおさらいをしていきます。

1、一定以上の検索ボリュームがあること
2、ライバルが少ないこと

何度も確認するのは、それだけ大事な原則になるからです。

この原則を正しく理解しておくことで、キーワードを考える思考が身につき、
他のライバルが決して気付けないキーワードに気づく力が養われます。

今回は、この2点をどのような方法でリサーチしていくのか、
具体的な方法について解説していきます。

1,一定以上の検索ボリュームがあること

検索ボリュームを調べるには、いくつかの無料ツールがあります。

よくブログなどで紹介されているのは、下記の2つです。

・Googleウェブマスターツール
・Googleトレンド

両方を参考にしている方がいますが、
使いこなせないうちはどちらか1つで十分です。

私は380記事で月間90万アクセスのブログを持っていますが、
すべてGoogleトレンドのみで検索ボリュームのありなしを判断しています。

Googleトレンドはシンプルで応用が利くので、とても気に入っています。

Googleトレンドの使い方

○グラフが表示されるかどうかを確認する

Googleトレンド
https://www.google.co.jp/trends/

使い方はとてもシンプルです。
検索ボリュームが一定以上あると、このようにグラフが表示されます。

試しに「インフルエンザ ヨーグルト」で調べてみました。

torendo1

このようにグラフが表示されるということは、
一定以上の検索ボリュームがある、ということになります。

次に「インフルエンザ ヨーグルト 不味い」と3語に増やしてリサーチしてみました。

torendo2

検索ボリュームが少なすぎると、このようにグラフが表示されなくなります。

このように検索ボリュームが一定以上あるかどうかは、
グラフが出るかどうか、だけで判断できます。

グラフが少しでも出たキーワードで検索1位になると
1日200以上のアクセスが集まることも多いです。

2語の複合キーワードは無限に作れますから、
グラフが表示されるキーワードは、いくらでも見つけることができます。

[aside type=”normal”]補足

3語の複合キーワードはグラフが出なくても大丈夫です。

キーワード選びの戦略は、
『2語の複合キーワードで1位を取ること』ですから、2語でグラフが表示されていればOKです。[/aside]

○検索ボリュームを比較する(検索ボリューム、時期)

キーワードのボリュームを比較することができます。

「花粉症 ヨーグルト」の2語の複合キーワードを隣の欄に入れてリサーチしてみました。

torendo3

この場合は、「インフルエンザ ヨーグルト」よりも
「花粉症 ヨーグルト」のほうが2倍以上検索されていますよね。

もしライバルが同じ程度の強さだった場合は、「花粉症 ヨーグルト」を先に書きます。

記事を書く労力はどんなキーワードでも同じですから、
せっかくなら検索ボリュームの多い記事から書きたいですからね。

このように、どのキーワードの記事から書いていくか、
正しい優先順位を付けることができます。

また、インフルエンザよりも少し遅れて
花粉症について検索されていることが分かります。

このように、検索される時期についても、リサーチすることができます。

Googleトレンドだけで検索ボリュームについて
様々なリサーチができるのでうまく使いこなしてください。

2,ライバルが少ないこと

検索ボリュームの調査をしたあとは、ライバルを見極めないといけません。

ライバルが多くいるキーワードを選んでしまうと、
上位表示がとても難しくなってしまいます。

上位表示に失敗するとアクセスはほとんど集まらない
ということを覚えておいてください。

参考までに、CATALYSTの調査結果を紹介します。
上位3位以内に入らないとアクセスがほとんど集まらない理由がよくわかると思います。

※CTRはクリック率のことです。

・対象キーワード: 17,500個
・対象サイト: 59サイト
・対象期間: 2012年10月〜2013年6月
・利用したデータ: Googleウェブマスターツールの検索クエリ
catalystchousa

引用元:海外SEO情報ブログ

この結果を見ると、同じ1ページ目でも
1位と10位のアクセス数を比べてみると
35倍も開きがあるということになります。

2ページ目になると10位よりも少ないので、0.51%以下です。
まったく話にならないですね。

アクセスを集めるには、3位以上は必ず死守したいところです。

そのために大切なのがライバルチェックです。

ライバルチェックを身につけると
自由自在にアクセスを集めることができるようになるので、
ぜひマスターしてくださいね!

ライバルチェックでは、下記の4点をチェックしていきます。

① キーワードがタイトルに含まれているかどうか
② 無料ブログがあるかどうか
③ NAVERまとめのようなキュレーションサイトがあるかどうか
④ コンテンツの質と量

ポイントを順番に解説していきます。

① キーワードがタイトルに含まれているかどうか

Googleは記事タイトルにキーワードが含まれていると、
そのキーワードに関するコンテンツなんだな、と判断します。

つまり、記事タイトルにキーワードが入れると
上位表示しやすくなります。

もしリサーチしている中で、
キーワードが含まれていないタイトルが
上位に表示されていたらチャンスです。

あなたが、キーワードをタイトルに入れたら、
勝てる可能性が高いと判断することができます。

② 無料ブログがあるかどうか

無料ブログのドメインは、あまり強くないケースが多いです。

また一般的な傾向として、無料ブログユーザーのコンテンツの質は
有料であるワードプレスブログよりも低いです。

ですから、
検索上位に無料ブログが入っているのを見つけたら
ワードプレスなら勝てると判断することができます。

有名な無料ブログには、下記のような種類があります。

・Seasaaブログ
・FC2ブログ
・Livedoorブログ
・はてなブログ
・忍者ブログ

③ キュレーションサイトがあるかどうか

NAVERまとめのような、まとめサイトのことをキュレーションサイトと言います。

コンテンツの寄せ集めで引用が主になるサイトですが
役に立つコンテンツも多く、それなりにドメインが強いです。

ただ、1年前と比べると、Googleのキュレーションサイトへの評価は確実に落ちています。

NAVERまとめに勝てるキーワードも、たくさん出てくるようになりました。

ある程度ブログが育てば、
キュレーションサイトよりも上位表示できますが、
ブログを作ったばかりの頃は難しいと判断しています。

④ コンテンツの質と量

以上の3つの点をチェックして「勝てないかもしれない」と思っても、
試しにチャレンジすることもあります。

それは、コンテンツの質と量が足りてない記事が
上位表示されている、と判断した場合です。

最終的に、役に立つ記事が上位表示されるようになるのが
Googleのアルゴリズムです。

ライバルよりも質と量で上回れると判断した場合は
チャレンジする価値は大いにあります。

ライバルチェックの注意点

ライバルチェックを始めると、判断に迷うことが多いです。
特に、100点満点を目指そうとする方が迷います。

しかし、書いてみると意外と上位表示できることもあるのです。

思い込んで行動できないよりも、積極的にチャレンジすることは大切です。

『60点以上ならとりあえず書いてみる』ことをおすすめします。

しかし、すべてが61点のキーワードだと、ハズレも多くなってしまいます。

ですから、
60点台のキーワード
70点台のキーワード
80点台のキーワード
90点台のキーワード
と、自分なりに仮説を立てて記事を書いていき、
あとから振り返って検証することが大切です。

「60点と思っていたキーワードが実は90点だった。」
「90点だと思っていたキーワードが60点以下だった。」

いろんなケースがあります。

仮説を立てて、あとから結果を検証していくと、
ライバルチェックの精度がグングン高まります。

私は、最初は10キーワード中1つしか上位表示できませんでしたが、
今では10キーワード中5つは上位表示できるようになってきました。

特に、お盆に関する記事を書いた時は、
5記事中5記事が上位表示に成功しました。

こうなってくると、キーワード選びが楽しくてしょうがなくなります。

エクセルなどで自分なりの仮設をメモしておいて、
3ヶ月後に検証することをおすすめします。

有料ツールに頼りっきりの人と比べると、
圧倒的な精度で上位表示できるようになりますよ。

私のクライアント様からの感想も参考にしていただけたらと思います。
熊本のOさんより1日15000PVの報告を頂きました。

まとめ

今回は、アクセスアップ講座『キーワードは命』の3回目。

キーワード選びの具体的なリサーチの流れについて解説しました。

私がもっともお伝えしたいことは、キーワード選びの精度を高めることが効率よくアクセスを集めるための最短ルートだ、ということです。

検索ボリュームをリサーチするのは、簡単です。
グラフが表示されるかどうかを見ればいいだけです。

ところが、ライバルチェックでつまづく方は多いです。

先日も400記事書いたのに月間8万アクセスしか集まらない、という方がいました。

ライバルチェックは、分かってしまえばとても簡単なことなのですが
諦めが早過ぎる人が多いのでいくらでもチャンスがあります。

4つのポイントをチェックして、
ライバル不在のキーワードを次々と狙っていきましょうね。

私は、この記事に書いてある手順で、
穴場の狙い目キーワードを1時間で30くらい見つけてます。

私たちは正しく原則を理解して、
アクセスアップの最短ルートを進んでいきましょう。

一旦アクセスが集まるブログが完成してしまえば、
あとは自動的にお金を産んでくれる資産になりますので、
コツコツとがんばっていきましょうね。

 

アクセスアップ講座『キーワードが命』

1,キーワードの選び方!アクセスアップの原則とは?

2,複合キーワードの対策をマスター!正しい戦略を立てるには?

3,狙い目キーワードのリサーチがキモ!競合チェックの戦術  ←今はココ

4,2語の複合キーワードを無料ツールで見つける方法