アクセスアップ講座『キーワードが命』第4回目になります。

今回は、2語の複合キーワードの見つけ方について、
具体的な流れを解説していきます。

2語の複合キーワードは無料ツールで
効率よく見つけることができます。

2語の複合キーワードの見つけ方を失敗すると、
大きなアクセスを集めることは不可能です。

ロングテールキーワードでアクセスアップするために、
もっとも大切なのが2語の複合キーワードです。

具体的な流れについて、説明していきますので、
ぜひ今日から実践していただけたらうれしいです。

複合キーワードを探す無料ツール

■関連キーワード取得ツール
http://www.related-keywords.com/

私はキーワードを探すときは、この無料ツールだけを使っています。

教えて!GooとYahoo!知恵袋の質問が一覧で表示されるので、
関連するキーワードをたくさん拾い出すことができます。

1~2時間あれば、30個くらいの穴場キーワードを
見つけることができます。

次項では、使いこなし方のコツを紹介していきます。

また、参考として、使える無料ツールを合わせてご紹介します。

ツールによって、複合キーワードの出方が違うこともあるので、
余裕がある方は下記のツールも参考にしてみてください。

■goodkeyword
http://goodkeyword.net/

■共起語検索ツール
http://neoinspire.net/cooccur/

簡単に言うと、共起語とは関連する言葉のことです。
たとえば、「パソコン」の共起語には「搭載」「シリーズ」「液晶」などあります。

■類語辞典
http://thesaurus.weblio.jp/

似た意味の言葉を調べることができます。
たとえば、「現れる」の類語として、「にじみ出る」「出現する」「登場する」などがあります。

注意していただきたいのは、いろんなツールを知っていても、
使い方がマズければなんの意味もないということです。

参考書をたくさん持っているのに、
成績が悪い受験生のようなものですね。

しかし、2語の複合キーワードの本質を理解すれば大丈夫です。
複合キーワードの対策をマスター!正しい戦略を立てるには?

正しい戦略を理解してから、読み進めてくださいね!

2語の複合キーワードの組み合わせは無限にある

ロングテールキーワードの戦略は『2語で上位表示をさせる』でした。

その2語の複合キーワードの組み合わせは
無限に存在している、ということです。

たとえば、広辞苑第六版には約24万語の単語が収録されています。

その組み合わせですから、24万×24万=576億、という、
途方も無い数の組み合わせが存在しています。

そしてその中には、まだまだライバルが少ない
キーワードの組み合わせがたくさん残っているのです。

あなたが今まで発想したことがないような
2語のキーワードの組み合わせを数多くリサーチすることが基本です。

コツさえつかめば、記事が追いつかないくらい
たくさんの複合キーワードが見つかるようになりますよ。

熊本のOさんもその1人です。
熊本のOさんより1日15000PVの報告を頂きました。

複合キーワードは思いつくものではない、見つけるものである

数多く複合キーワードをリサーチしていくといっても、
具体的にどうすればいいか分からないという方もいます。

この項では、一番シンプルでかつ強力な、
複合キーワードの見つけ方について説明していきます。

1、2語の複合キーワードをツールでリサーチする
2、組み合わせを替えて徹底的にリサーチする

順番に解説していきますね。
まず2語をツールでリサーチします。

関連キーワード取得ツールに「赤ちゃん 咳」と入れてリサーチしてみました。

すると、このような結果になりました。

fukugoukeyword1

3語目がズラーっと表示されますよね。

これらの組み合わせの順番を組み替えていきます。

1語目と3語目を組み合わせて、2語の複合キーワードを見つける

すると、1語目と3語目の2語を組み合わせた、
複合キーワードを見つけることができます。

赤ちゃん 鼻水
赤ちゃん 痰
赤ちゃん 朝
赤ちゃん アロマ

2語の組み合わせはたくさん見つかります。

これらの検索ボリュームを1つずつ調べていけば良いワケです。

検索ボリュームのリサーチとライバルチェクの詳しいやり方は、
こちらの記事で解説しています。
狙い目キーワードのリサーチがキモ!競合チェックの戦術

この地道な作業をしないで、自分の頭でひらめこうと努力しても限界があります。

ウンウンと唸ってキーワードを想像するよりも
インターネットユーザーのニーズがあるキーワードを調べていくほうが
圧倒的に効率的にアクセスを集めることができます。

2語目と3語目を組み合わせて、2語の複合キーワードを見つける

さらに2語目と3語目を組み合わせて、2語の複合キーワードにしてみることもできます。

咳 いびき
咳 エアコン
咳 おかしい
咳 風邪じゃない

このように、無限と言っていいほど
数多くの複合キーワードを見つけることができます。

ポイントは、自分の頭の発想からは絶対に出てこない、
複合キーワードをリサーチするということです。

自分の思い込みや思考の枠の外側に、
思いがけない宝が眠っていることが多いです。

このシンプルかつ強力な2語の複合キーワードの見つけ方。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ちなみに、「赤ちゃん 咳」はライバルが多いので、
私だったら記事は書きません。

検索ボリュームとライバルチェックは必ず行うようにしてくださいね。

まとめ

2語の複合キーワードを見つけるために、様々なツールを駆使したり、
高額な有料ツールを使用している人もいます。

しかし、キーワードを探すときに最も大事なことは、
本質を理解するということです。

今回ご紹介した方法は、やることはとてもシンプルなのに、
ほとんどの人がやっていません。

「なんでたろさんはいいキーワードを見つけられるの?」と聞かれますが、
コツコツとリサーチして見つけているだけです。

コツコツとはいっても、1~2時間で30キーワードくらいをあっさり見つけるので、
他人からは驚かれることは多いですけどね。

費用をかけずに、難しい専門スキルを使わない方法で
あなたも今日からすぐに実践できます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!