今回は、2語の複合キーワードの見つけ方について、
具体的な流れを解説していきます。

2語の複合キーワードは無料ツールで見つけることができます。

大事なのは、キーワード検索する人の気持ちを考える、ということです。

具体的な流れについて、説明していきますので、
ぜひ今日から実践していただけたらうれしいです。

複合キーワードを探す無料ツール

■関連キーワード取得ツール
http://www.related-keywords.com/

私はキーワードを探すときは、この無料ツールだけを使っています。

教えて!GooとYahoo!知恵袋の質問が一覧で表示されるので、
関連するキーワードをたくさん拾い出すことができます。

1~2時間あれば、30個くらいの穴場キーワードを
見つけることができます。

次項では、使いこなし方のコツを紹介していきます。

また、参考として、使える無料ツールを合わせてご紹介します。

ツールによって、複合キーワードの出方が違うこともあるので、
余裕がある方は下記のツールも参考にしてみてください。

■goodkeyword
http://goodkeyword.net/

■共起語検索ツール
http://neoinspire.net/cooccur/

簡単に言うと、共起語とは関連する言葉のことです。

たとえば、「パソコン」の共起語には「搭載」「シリーズ」「液晶」などあります。

■類語辞典
http://thesaurus.weblio.jp/

似た意味の言葉を調べることができます。

たとえば、「現れる」の類語として、「にじみ出る」「出現する」「登場する」などがあります。

2語の複合キーワードの組み合わせは無限にある

2語の複合キーワードの組み合わせは、ほぼ無限に存在しています。

そして、その組み合わせによって、ニーズがすべて違うので、
キーワードのニーズをどのように理解すればいいのか、がポイントになっていきます。

具体的な手順はこの2つだけです。

1、2語の複合キーワードをツールでリサーチする
2、組み合わせを替えて徹底的にリサーチする

順番に解説していきますね。

まず2語をツールでリサーチします。

関連キーワード取得ツールに「赤ちゃん 咳」と入れてリサーチしてみました。

すると、このような結果になりました。

fukugoukeyword1

3語目がズラーっと表示されますよね。

これらの組み合わせの順番を組み替えていきます。

1語目と3語目を組み合わせて、2語の複合キーワードを見つける

すると、1語目と3語目の2語を組み合わせた、
複合キーワードを見つけることができます。

赤ちゃん 鼻水
赤ちゃん 痰
赤ちゃん 朝
赤ちゃん アロマ

2語の組み合わせはたくさん見つかります。

これらの検索ボリュームを1つずつ調べていくだけです。

検索ボリュームのリサーチとライバルチェクの詳しいやり方は、
こちらの記事で解説しています。
狙い目キーワードのリサーチがキモ!競合チェックの戦術

この地道な作業をしないで、自分の頭でひらめこうと努力しても限界があります。

ウンウンと唸ってキーワードを想像するよりも
インターネットユーザーのニーズがあるキーワードを調べていくほうが
圧倒的に効率的にアクセスを集めることができます。

2語目と3語目を組み合わせて、2語の複合キーワードを見つける

さらに2語目と3語目を組み合わせて、2語の複合キーワードにしてみることもできます。

咳 いびき
咳 エアコン
咳 おかしい
咳 風邪じゃない

このようにしてキーワードをずらしてリサーチすると
どんどん複合キーワードを見つけることができます。

ポイントは、自分の頭の発想からは絶対に出てこない、
複合キーワードをリサーチするということです。

自分の思い込みや思考の枠の外側に、
思いがけない宝が眠っていることが多いです。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

2語の複合キーワードを見つけるために、様々なツールを駆使したり、
高額な有料ツールを使用している人もいます。

しかし、キーワードを探すときに最も大事なことは、
本質を理解するということです。

つまり、検索ユーザーさんの気持ちを考える、ということです。

なぜそのキーワードで検索しようとしたのか。

そのキーワードで検索して何を知りたいと思ったのか。

そういったことをユーザー目線でしっかりと考えてみてください。

そして、そのヒントになるのが、
関連キーワード取得ツールに表示されるQ&Aの質問です。

どのような質問が、そのキーワードに関する質問として、
Web上に寄せられているか。

ぜひ丁寧に確認してみてくださいね!