渋谷のマツエクサロンのコンサルで思ったこと

渋谷にあるマツエクサロンのコンサルをすることになり、先日オーナーさんと打ち合わせをしてきました。

今回はその時の様子をブログに書いていきたいと思います。

鹿児島の焼き鳥屋さんも渋谷のマツエクサロンも、マーケティングの基本は共通する部分が多かったので、マーケティングについての具体事例としても参考になるのではないかと思います。

目次

お店の状況

オーナーさんはもともと私の講座の参加者さんでした。

Webを使って新しいビジネスを作りたいとのことだったのですが、いろいろお話を聞くうちに「それなら店舗の売上を伸ばすほうが早いですよ。」という話になりました。

マツエクサロンの経営でどこか行き詰まりを感じておられ、さらにはコロナも直撃して、別のビジネスの勉強をされていたのですが、店舗ビジネスでうまくいってるお店はたくさんあります。

店舗だからダメ、ネットビジネスだからOK、という単純な話ではないのです。

店舗でもネットでも、大事なのは『マーケティングを正しく理解できているかどうか』なのです。

詳しくお話を聞くうちに、マーケティングのどの部分がどう欠落しているのかが見えていきました。

なぜそのオーナーさんが行き詰まっていたのか?

すべての結果には原因があります。

そのオーナーさんの行き詰まりにももちろん原因がありました。

それは何かというと、お店の方向性が決められない、ということでした。

経営者はすべてを自分で決めないといけません。

集客、サービス設計、雇用、人材育成、経費、広告、キャッチコピー、などなど。

でも、お店の方向性が決められないと、それらすべてが決められなくなります。

決断ができない。決められない。判断ができない。それは経営者としてはかなり致命的な状況と言わざるを得ません。

たまたまお客さんが来ている時はそれでも売上は立つのかもしれませんが、なんとなくうまくいってる状態だと、コロナのようにちょっと状況が変わっただけで一気に経営が傾いてしまうことになります。

なので、どんなお店にしたいのか、を決めるのはマストなのです。

どんなお客さんに来てほしいのか?

どんなお客さんの、どんな悩みを解決してあげたいのか?

どんなお客さんに、なんて言われたらうれしいのか?

自分で決めて、判断を下さないといけないのです。

そこから逃げてしまうと気がついたときには経営が火の車。そんなことはよくある話なのです。

まぁそれがほとんどの倒産の理由だと思うんですけどね。

社会環境の変化に翻弄されて潰れる会社ばかりですから。

そして、今回のマツエクサロンのオーナーさんもご自身のビジネスの原点を見失っていたのです。

それがすべての行き詰まりの原因になっていたのです。

そして、そこからさらに迷走したのはなぜか?

ビジネスを始めるのは勢いとノリがあれば、誰でも始めることはできます。

でも、いざ走り出したら勢いだけで続けるのは非常に難しい。だからこそ、10年存続する企業は5%しかない、というように言われるわけです。

経営をしていると、必ず迷いが生じるタイミングがやってきます。

その時に原点に戻ることができれば、また自分を取り戻すことができるのですが、このオーナーさんはコンサルに頼ってみたり、フランチャイズの話を聞きに行ったりと、どんどん原点から離れていってしまいました。

それがさらに迷走した理由でした。

努力家で、勉強熱心で、人の気持ちを考える方だからこそ、かえって自分を見失ってしまう、というパターンでした。

まずは自分の思いを確認すること

ビジネスを長く続けるために大事なことは、まずは自分の原点に戻ることです。

そのビジネスを通して、誰に何を伝えたいのか、とか、誰にどんなふうに喜んでもらいたいのか、とかですね。

ビジネスは問題解決です。

誰のどんな問題を解決するビジネスなのか。つまり、どんな人にどう喜んでもらうか、から考えるものなので、その原点を見失ったら遅かれ早かれ潰れる運命にあります。

なので、オーナーさんの思いを聞いて、引き出して、まとめていく作業が最初のコンサルで行ったことでした。

そしたら、お店のスタッフへの思い、お客さんとのこんな会話をした時にうれしかった、とかいろんなエピソードが出るわ出るわ。笑

それらはそのままキャンペーン企画のコンセプトになるものもたくさんありました。

いいキャッチコピーも生まれましたしね。

こういう瞬間がコンサルをしてて、やりがいを感じる瞬間です。

いや~楽しかった!

まつ毛ってこんなにすごいらしいですよ!

ちなみに、専門家の話はどんなジャンルの話でもおもしろいものでして。

このオーナーさんはまつ毛の専門家。

しかも、単なる作業員ではなく経営者。

しかもしかも、技術にもすごいこだわりがあって、市場で手に入るまつ毛では満足できる仕上がりにならないから、自分でオリジナルまつ毛を開発するくらいの情熱を持っている方です。

そういう方の話がおもしろくないはずがありません。

その方がおっしゃっていたのが

「まつ毛があれば化粧なんてなくていいじゃん!というのが本音です。」

まじか!驚

実際にあるお客さんから「実はこないだ朝起きて母親に会った時に「なんであんた朝から化粧してるの?」って言われたんですぅ。」と言われたそうです。

ただ、まつ毛があるだけなのに。

そのくらいまつ毛というのは印象が変わるパーツなのだということを教えてもらいました。

他にもいろんなおもしろいエピソードを聞かせていただいたのですが、それはまた別の機会で。笑

他のコンサルはこんなに酷かった

そうそう。

いろんな話を聞く中で、以前に入ってもらったコンサルのことも聞かせてもらいました。

オーナーさんがおっしゃってたのは、そのコンサルはお店のスタッフへのヒアリングもしてくれて、いろんな売上アップの施策を考えてくれたそうです。

でも、もっとも大事な思いを聞いていませんでした。

表面的にヒアリングしただけ。

あとは、とにかく言う通りにしてください、みたいな。笑

いや~酷いですよね。

そんな言い方されて、誰がやる気になるというのでしょうか?爆

当然ながら、契約は途中で打ち切りで、結果も出ずにジエンド。

こういうコンサルにはほんと要注意です。

もちろん、コンサルが悪い、で終わると経営者としては失格です。

自分のビジネスの結果のことを、誰かのせいにしてることになりますから。

このオーナーさんはそうではなかったですけどね。

それにしても、コンサルの使い方や、いいコンサルの見分け方を知るというのも、経営者としては重要な知識だなと思います。

もちろん、起業をするときも同じです。

変なコンサルについていってしまうと、ドエライ目にあいますからね。

くれぐれも気をつけてくださいね。

ビジネスを伸ばすには土台が大事

ビジネスを伸ばしたいなら、まずは土台を固めることが重要です。

すなわち、自分のビジネスに対する思いを確認する、ということ。

どんな人にお客さんになってもらいたいか?

そのお客さんにどんな価値を提供できるのか?

お客さんにどう感じてもらえたらうれしいのか?

社員がいるなら、社員にどんなやりがいを感じてもらいたいのか?

そのための商品やサービスはあるのか?

こんな感じで、自分の思いからビジネスをチェックしていくと、手を加えるべきポイントが見えてきます。

 

ということで、ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです。

 

最後にオーナーさんからいただいた感想を紹介しますね。

オーナーさんの感想:「原点を思い出すことができました!」

コンサル前はお店の方向性で悩んでいました。

自分のお店が大切にしていること、他のお店に勝っていること、全てわかっているはずなのに、聞かれると言葉にできない。

長たらしい技術の説明になってしまう。

だから、広告を作るとき、文字数制限に合わせて簡潔に作ろうとすると、他社と同じようなフレーズになる。

「うちの仕事はレベルも違うし、やってることは本当に凄いことなのに!」を繰り返していました。

コンサルを雇ってもなんだかイケイケの人から、こうしてくださいああしてくださいと指示されるだけで思ったような成果も出ず、何より自分のお店じゃなくなるような気がして信頼できずに途中で契約を打ち切ったりしていました。

SNS運営しないといけないからやり方を…とか、
写真が悪い、とか、
一貫性がないから色感を統一、とか。

確かに大事なことなのだとは思うのですが、根本がまとまっていないからそこまで行けない私がいるという感じで、この人にお願いしていていいんだろうか…という不安がありました。

コンサルというものが胡散臭く思われるのはそういう人たちのせいなんでしょうね。笑

そんなことを繰り返して自己嫌悪になり、自分の店が嫌になり、でも、辞めることも出来ず…

先日も、楽になりたくて他社フランチャイズに乗っかろうと説明会に行ったのですが、フランチャイズということは私のお店のノウハウをすべて捨てることになると気づきました。

やっぱり自分の店を諦めたくない。

でも一方で、何をどうすればいいかがわからず、色んなことに自信を無くしていました。

そんなことを繰り返してきた私ですが、小川さんと初めての打ち合わせですぐに明るい気持ちになりました。

特に小川さんは私ができていないものの中でも、核となる根本の部分を「一緒に引き出す作業をしてくれる」というのが、なんとも感動したというか、とても嬉しかったです。

あなたがわからないんじゃ、こちらもわからないみたいに投げ捨てられる感覚ではなく、すごく話しやすかったです。

そして、ミッションを引き出してくれ、タイトルが決まったら、今まで違う「頭の中が整っていく感」「やっぱりこれやりたかったんだ感」が出てきて、夢だった多店舗展開も具体的に見えるような感覚がありました。

これが私がお店を始めた原点だった!と大事なことを思い出すことができました。

そして、お店の原点が見えてくると、それにつながるようにして、広告のコピーや、サービス名、お客さまへの説明の仕方などがすべて整っていきました。

全体的に今までの表現では伝わらないなというのが心から納得できたし、何よりいろいろ見えてきてすごく明るい気持ちになりました!

やらなければいけないことが明確に見えたからだと思います。

そして、やってみてダメでも、「そうなんだ!それはデータとして得て、次はこうしてみよう」と考えればいい、という考え方も今回は腑に落ちました。

この考え方は元々勉強していく中で何度も聞いたことがありましたが、今まで一人ではいつもめげてしまっていて、逃げる方向へ行っていました。

一緒に考えてくれる信頼できる人がいるというのが何より心強く、ありがたい気持ちになりました。

私の言葉をまとめて引き出してくれたことで、とても腑に落ちた感じと、信頼感を感じることができたのだと思います。

小川さんが引き出してくれた開業当時の想いは、自分自身では見えにくくなっていましたがまだ変わらずしっかりあるんだなと実感できたのもうれしかったです。

倒産寸前で持ち直し、これから!という時にコロナになりました。

目先の売上などお金ばかりに気が取られてしまっている時は本当に仕事が楽しくなく、自分がやっていることが正しいのかさえ分からなくなります。

「知っていても行動しないとダメ。」

この言葉もよく知っていましたが、現実、手取り足取りやってみないとできないもんだなと実感しました。

これからもよろしくお願いします。

この記事を書いた人

Webメディアコンサルタント
エキスパートブロガー

「情報発信で本音のつながりを創る」がテーマ。資産ブログ最高月間150万PV達成/個人コンサル/法人コンサル/コンテンツ販売/広告運用/アフィリエイト。千葉生まれ、広島育ち。大分、熊本、静岡、東京、福岡で過ごし、現在は新潟在住。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる