アクセスアップ講座『キーワードが命』第2回目となります。

前回は、キーワード選びの原則についてお話しました。

1、一定以上の検索ボリュームがあること
2、ライバルが少ないこと

この2つのが原則でしたね。

内容を忘れている場合は、こちらの記事を復習してから読み進めてください。

キーワードの選び方!アクセスアップの原則とは?

その原則を踏まえてキーワードを選んでいくと、効率よく探す道筋が見えてきます。

その道筋こそが、キーワード選びの戦略になります。
具体的な戦術に入る前に、キーワード選びの戦略を正しく理解することが大切です。

そのために、複合キーワードについて理解していきましょう。

複合キーワードがキーワード戦略のキモ

キーワードには単体キーワードと複合キーワードがあります。

単体キーワードは、「インフルエンザ」
複合キーワードは、「インフルエンザ 対策」

複合キーワードは、単語の組み合わせで作られますから、
単体キーワードよりも文字数が多くなります。

文字数が多くなると手間が増える分だけ、検索ボリュームが少なくなります。

2語の複合キーワード 「インフルエンザ 対策」
3語の複合キーワード 「インフルエンザ 対策 大人」

このように2語よりも3語と、複合させる数が増えただけ、
検索ボリュームは少なくなっていきます。

しかし、複合キーワードの方が、ライバルが少なくなるので、
上位表示がしやすくなります。

1、一定以上の検索ボリュームがあること
2、ライバルが少ないこと

この目的を達成するために、複合キーワードを見つけていく必要がある、
ということをぜひ覚えてください。

複合キーワード戦略をもっと具体的に明かします。

キーワード選びの原則にしたがって実際にキーワードを探していくと、
ある事実が明らかになっていきます。

それは、3語の複合キーワードでは、なかなか十分なボリュームが期待できない。

ということです。

つまり、3語の複合キーワードで上位表示をさせようとするのは、
キーワード選びの原則から外れてしまうのです。

もう一度ここで、キーワード選びの原則を復習しますね。

1、一定以上の検索ボリュームがあること
2、ライバルが少ないこと

3語の複合キーワードはライバルが少ないので、上位表示されやすいのは間違いありません。

しかし、3語の複合キーワードで上位表示しても、
一定以上の検索ボリュームがあることを満たせない場合が多いのです。

したがって、3語の複合キーワードで上位表示させることを最終ゴールにしてはならない。
最終的なゴールは『2語の複合キーワードで上位表示させる』ことである。

これがアクセスアップのための、キーワード戦略のキモになります。

2語の複合キーワードで上位表示させるための具体的な手順

ところが、2語で上位表示をさせようと思っても、
書いたばかりの記事では上位表示は難しいです。

Googleから記事の質を評価してもらうためには、ある程度の時間がかかります。

Googleの評価基準は200以上の項目があると言われていますが、
もっとも気にするべきは『記事の滞在時間』です。

[aside type=”normal”]補足説明
1,記事の滞在時間が長い
2,インターネットユーザーがしっかり読んでいる
3,記事の品質が高いと判断される
4,上位表示が実現する[/aside]

このような理屈で、Googleは質の高いコンテンツを、
検索上位に表示させようとしています。

Googleはインターネットユーザーの利便性をどこまでも追求しているため、
とにかくコンテンツの質にこだわっています。

つまり、記事の滞在時間が長いことをGoogleに分かってもらう必要があります。

そこで、まず3語のキーワードで上位表示をさせてアクセスを集め、
記事の質が高いことをGoogleにアピールする必要があるのです。

3語の複合キーワードで上位表示することは最終ゴールにしてはならない。
しかし、通過点として3語の複合キーワードで検索上位を達成させなければならない。

このような結論にたどり着くことができるのです。

ところで、3語の複合キーワードをしっかりと設定した場合は、読者さんのターゲットが狭まります。

1語 「インフルエンザ」
2語 「インフルエンザ 症状」
3語 「インフルエンザ 症状 大人」

このように、キーワードが増えていけばいくほど、
対象となる読者さんが絞りこまれていきます。

3語にすれば、大人の症状についてだけ詳しく書けばいいですからね。

インターネットユーザーさんの知りたいことにマッチした記事になるため
滞在時間が長くなる記事を自然と書くことができます。

3語目の複合キーワードを考える時の注意点

3語目の複合キーワードを考える時の注意点として
『ユーザーが実際に使っている言葉をそのまま使う』ことを徹底してください。

2語の組み合わせを考える時は、もっと自由な発想で組み合わせていきますが、
3語目の複合キーワードを決める時はシンプルに考えていきます。

具体的には、

1、Yahooの虫眼鏡キーワードをそのまま使う
2、Googleの関連する検索キーワードをそのまま使う

この2種類の方法で、3語目の複合キーワードを決めていきます。

1、Yahooの虫眼鏡キーワード

Yahooの検索画面の上部のように、
赤枠で囲った部分に関連キーワードが表示されます。

musimeganeue

Yahooの検索画面の一番下までスクロールすると、
3語目の数が多くなるケースがあります。

「赤ちゃん 咳」に続く3語目は、10個出てきました。

musimeganesitahyouji

2、Googleの関連する検索キーワード

Googleで検索した場合は、検索画面の下部に関連する検索キーワードが表示されます。

akachansekikanrenwaku

この表示の中から3語目を決めていくようにしましょう。

2語の時と同じようにライバルチェックをして、
ライバルが少ない3語の複合キーワードから優先的に記事を書いていきます。

実際にユーザーが使っている言葉の組み合わせをキーワードに設定することが大切です。

 

複合キーワード選びの戦略まとめ

キーワードの原則を踏まえた上で、効率のいいキーワード戦略を考えていくと、
非常に効率よくキーワードを集めることができるようになります。

FacebookやTwitterなどで使って記事を拡散するというような、
難しいテクニックは必要ありません。

キーワードを正しく選んで、いい記事を書いていけば、
誰でもアクセスアップを実現することは可能です。

焦って成果を出そうと思って小手先のテクニックに走るよりも、
よっぽど早く結果を出せる王道の方法です。

最後に、キーワード選びの戦略をまとめると、下記の3点になります。

1,最終ゴールは2語の複合キーワードで上位表示させること。
2,その前段階として、3語の複合キーワードで上位表示させる必要があること。
3、3語目はユーザーが実際に使っている言葉を使うこと。

原則にもとづいて、しっかりと考え方を整理して頂けたらと思います。

 

アクセスアップ講座『キーワードが命』

1,キーワードの選び方!アクセスアップの原則とは?

2,複合キーワードの対策をマスター!正しい戦略を立てるには? ←今はココ

3,狙い目キーワードのリサーチがキモ!競合チェックの戦術

4,2語の複合キーワードを無料ツールで見つける方法