様々な調査の結果、アフィリエイター人口やアフィリエイターの収入はどんどん増えているということが明らかになっています。

  • 2013年の時点で、アフィリエイター人口は435万人
  • 2015年から2016年にかけて、月収100万円以上のアフィリエイターが前年の2倍に増加

などの調査結果が各団体から公表されています。

ただ、問題は、この数字をどう見るかです。

そんなに稼いでいる人が本当にいるのか?

この数字のからくりはないのか?

数字に踊らされるのではなく、この数字の実態について考えていきたいと思います。

アフィリエイター人口と収入の実態

まず最初に、各団体が行った調査結果を見ていきたいと思います。

アフィリエイトマーケティング協会

2016年の調査結果によると、月収20万円未満の人が50万%以上だったそうです。

さらに月収20〜100万円の人は、5人に1人以上、20%以上。

そして、月収100万円以上の人の割合も2倍に増加しています。

アフィリエイターの収入が増加傾向にあるわけですね。

株式会社もしも

それから、株式会社もしもの調査によると、2011年のアフィリエイター人口は387万人。

さらに2013年のアフィリエイター人口は435万人。

少し前のデータではありますが、アフィリエイター人口が増加傾向だということが分かりますね。

A8.net

A8.netという最大手のASPによる調査によると、副業でやっている人が90%以上とのこと。

また、月5万円前後のアフィリエイト収入がある方の半数は1日3時間以上の作業をしているそうです。

そして、3年以上アフィリエイトを継続している人のうち5~6人に1人が月100万円以上のアフィリエイト収入を得ているそうです。

アフィリエイトマーケティング協会との調査結果ともほぼおなじ結果が出ています。

数字のマジックの可能性を考えてみる

さて、いくつかのデータを見てきましたが、これらをどう理解するかが大事です。

「自分は稼げないのにみんな稼いでるんだ~」

と落ち込んだり、

「みんなが稼げてるなら自分も大丈夫だろう」

と根拠のない自信を持っても何の意味もありません。

調査というのは、どういう人を対象に調査したかによって、パーセンテージが大きく変わってくるものです。

たとえば、

  • アフィリエイター登録をしているだけで全然やっていない人
  • 5年前までやっていた人
  • 昔作ったブログが今も残って入ればそれはやっていることに含めるのか

など、調査対象によってデータは大きく変わってくるものです。

さらに、稼いでいる人といっても、単発で稼いだ人も多いと考えられます。

実際多いんです。

1ヶ月だけ稼いで、その後は急転直下するようなケースが。

そもそもWebというのは成長過程にある業界ですから、変化がすごく激しいです。

毎年のように新しいWebツールが登場したり、便利になっていくと同時に、激しく変化しています。

それによって、収入の波も大きくなってしまうのです。

アフィリエイト収入の波

1つの例として、私も以前、副業をしながらアフィリエイトをしていたときに、単月だけ100万円を突破したことがありました。

なぜ単月で終わったかというと、流行り物の商品をアフィリエイトしたからです。

流行り物を売っているわけですから、ずっと稼ぎ続けることはできません。

それから、私の知り合いの中にも、ある月に80万円稼いだと思ったら、翌月には0円になってしまった話も聞いたことがあります。

月100万円稼いだと言っても、ずっと稼ぎ続ける人の割合が、これらの調査の中でどのくらいいるのかは見えてこない部分です。

これらの現実を踏まえて、アフィリエイトの実態を見ていく必要があります。

アフィリエイトの可能性を正しく知っておこう

アフィリエイトがなぜ魅力的なのかというと、1回Web上に仕組みを作ってしまえば収入は青天井になるからです。

なぜこのような仕組みを作れるのか。

それは、Webの特徴として、すごくレバレッジが効くからです。

たとえば、一度作ったブログ記事やYouTubeの動画は、繰り返し見られます。

そのような資産型のコンテンツが増えていけば、仕組みが自動化していきますので、収入の上限がありません。

作業をしている人が1人であったとしても、10人分、100人分の仕事量と収入を生み出すことができるのです。

仕組み化、自動化、ができるのがWebを活用したアフィリエイトの特徴です。

しかし、実態として、正しくWebを理解している人は少ないように感じています。

なぜかというと、アフィリエイトの特徴をしっかり知らずに、単なるまぐれ当たりをしている人もいるからです。

以前の私のように、単月だけ稼ぐようなケースですね。

しかし、特徴をしっかりと理解して、大きく稼ぎ続ける人ももちろんいます。

なぜアフィリエイトで大きく稼げるのかを理解すれば、稼ぎ続ける方法が選択できるようになります。

この記事を読んでいるあなたには、一発屋を目指すのではなく、ぜひとも実力で稼ぎ続ける側になっていただきたいと思います。

アフィリエイトで長期的に収入を得るために

アフィリエイター人口は増加傾向にあって、収入も増えています。

そういった現状で、どうすれば稼ぎ続けることができるのでしょうか?

  • これから参入しようとするにしても
  • 今の売り上げを伸ばしていくにしても
  • 今の売り上げを維持し続けるにしても

どのような考え方と、どのくらいの作業量が必要なのでしょうか?

まずは、稼ぐために必要な目安として、いくつか参考になる指標を紹介したいと思います。

ブログアフィリエイトの場合

ブログは私の場合ですが、350記事書いたときに、30〜40万円の売上が上がるようになりました。

350記事というのは、外注ライターさんに書いてもらった記事ですので、自分が0から書いた記事は1記事もありません。

その350記事をブログにアップすることで、アクセスが集まるようになり、アフィリエイトの収入が毎月30万円集まるようになりました。

このやり方は、ブログアフィリエイトと言われます。

ブログで大量に記事を書くので、安定性という意味では有効なやり方になります。

SEOペラページアフィリエイト

それとは対象的なやり方で、ペラページと言われるやり方があります。

1〜3ページの小さなサイトのことを、ペラページと言います。

ペラページを大量に作る中で、当たりが出てくるやり方です。

私の知り合いの中で、ペラページのSEOで毎月100万円稼いでいるという会社員の方がいます。

その方に聞くと、大量にペラページを作って、1年以内に少しでも稼げるようになるサイトは10%以下だと言っていました。

さらに、ペラページを大量に作ったとしても、そのうちの90%以上は、1円も稼げないサイトにしかならないし、月10万円稼ぐようになるサイトは、5〜6年の経験で作ってきた中で、わずか数%しかないと言っていました。

大量に作って、その中のごくわずかなサイトがヒットするものなんですね。

PPCペラページアフィリエイト

また、別の知り合いはペラページをPPC広告で出稿していて、今は月200万円の収入があるそうです。

PPCは、1ページ作ったら出稿をして、それを当てるだけで月200万円の収入になるから夢がある、と言っていました。

じゃあ月200万円の収入を生み出すペラページを作り出すまでに、どれだけ作業したのか、突っ込んで聞いてみると、なんと500ページ作ったと言っていました。

500ページ書いて広告費を出して実践してみた結果、499ページはほとんどが赤字でよくても若干の黒字ぐらいにしかならないそうです。

よくよく聞いてみないと分からないものです。

大きく稼げるようになるまでには、やはりそれなりの努力があるわけです。

どんなやり方でも稼ぐことはできますし、自分にとって合う合わないもありますし、向き不向きもあります。

ぜひご紹介した作業量の目安をヒントにして、取り組み方を決めていただくといいのではないかと思います。

アフィリエイトで稼ぎ続けるために必要なスキルとは?

どのようなアフィリエイトの手法であっても、稼ぐために必須のスキルがあります。

それは、マーケティングスキルです。

マーケティングとは、いろいろな学者によって定義が違いますので、ざっくりとした説明をすると、

セールスを不要にするあらゆる行動

のことです。

つまり、こちらからセールスをせず、お客様の方から「それ売ってください」と言ってもらえるような状態を作ること、それがマーケティングです。

このマーケティングをWeb上で展開していくことが、アフィリエイターとして稼ぎ続けるためには絶対に必要なことではないかと思っています。

自分を知ることがマーケティングの第一歩

まず、稼ぐと言っても、自分はどういう稼ぎ方をしたいかを決める必要があります。

大きく2つのパターンがあります。

1)流行り物を追いかける

流行り物は、爆発的な売上を生み出すことができます。

私が、単月だけ100万円を突破したというのも、まさに流行り物を追いかけたやり方でした。

ただし、流行っているときは売れるけども、その流行りが去ると、全然売れなくなります。

ちょっと古いですが、たまごっちみたいなものです。

たまごっちが発売したときは、ものを置いてさえいれば絶対に完売になる商品だったそうです。

人気に火がついているうちに、ものを追いかけていくと、爆発的な売り上げを生み出すことができます。

化粧品でも、サプリメントでも、新しく雑誌に取り上げられる商品をいち早くチェックして、アフィリエイトしていくイメージです。

最新情報には敏感になって追いかけ続ける必要があります。

2)コツコツと仕組みを作り上げていく

もう一方が、本質を積み上げていくやり方です。

自動化や仕組み化を積み上げることで、毎月の定額収入を作っていくという考え方になります。

ブログでコツコツ記事を増やしていくことで、安定収入を確実に積み上げていくイメージです。

ゆるやかに収入が増えていくので、急激に変化することはありません。

安定した収入を作るには、土台をしっかりとした仕組みを作る方法が有効です。

あなたはどちらのスタイルを選ぶか?

稼ぎ続けるためには、本質を地道にコツコツと積み上げていき、毎月安定した収入の仕組みを作ることも1つのやり方です。

または、流行りものを追いかけ続けることもできれば、それも1つのやり方です。

どういうスタイルで稼ぎ続けたいかを決めていただくと、良いのではないかと思います。

Webを活用して自分の分身を作る

私は、しっかりとした土台を作って、自動収益の仕組みを作っていく方法を推奨しています。

そこで、仕組み化にレバレッジを効かせる方法をお伝えします。

まず知っておくべきことは、Webに作り出したブログやホームページ、もしくは、YouTubeチャンネルは、自分の分身だということです。

もしWebを使わなければ、繰り返し同じことを伝えないといけません。

しかし、分身を作り出すことで、その分身が勝手に情報を必要な人に届けることができるようになります。

これが、自分をメディア化するということです。

何度も同じ話を話さなくても良くなるので、効率よく収入を上げていくことが可能になります。

今まででしたら、テレビに出られるような人はごく一部の芸能人だけでしたが、今や自分でメディアを作り出して、自分でメディアを運営することができる、ということですね。

そして、作り出したメディアの市場は、全世界に広げることができます。

記事をアップした瞬間、YouTube動画をアップした瞬間に、例えブラジルにいようとも、ヨーロッパにいようとも、瞬時にアクセスすることができます。

安い運営費で仕組みを作り上げることが可能

それから、運営費が安いのも、Webの大きな特徴です。

今まで、手紙で送る場合は紙代、封筒代、郵送代がかかっていました。

ブログで1記事書いてメッセージを届ける、メールでメッセージを届けることによって、無料で届けることができます。

情報を届けるときの費用が、ものすごく安いということです。

こういったWebの特性をしっかり理解して活用していくことが、今後も稼ぎ続けるために必要だと考えています。

稼ぎ続けるにはビジネスの原則も知っておくとよい

稼ぐことを考えたときには、表面的なテクニックやノウハウと呼ばれるものを勉強する前に、ビジネスとしての基本をしっかりと押さえておく必要があります。

稼ぐための原則、とも言えると思います。

では、稼ぎ続けるために必要なビジネスの基本は何か。

それは、ありがとうを増やすことだ、と思います。

ありがとうを増やすために必要なことは、価値の提供です。

価値提供した人が稼げるわけです。

ありがとうと言われることを増やして、信頼を増やしていくと稼げるのはなぜか。

それは、お客さんは信頼できる人からものを買いたいわけですね。

ですから、信頼を得た結果として、あなたは稼げるようになるのです。

しかも、まわりの環境が変化したり、流行り廃りがあったりしても、あなたが言うから、あなたが勧めるから、という状態を作ることができたら、必ず稼げるわけです。

そのためには、自分のことを知らないといけませんし、お客様のことを知らないといけません。

自分を知り、お客様のことを知る。

それができれば、あなただから買いたいんです、あなたが良いというから買いたいんです、と言われる状態を作ることができます。

さらに、売ってくれてありがとう、ぜひ私に買わせてください、ぜひ私に売ってくださいと言ってもらえる状態を作ることができます。

これが、長く稼ぎ続ける人の共通点なのではないかと思います。

稼ぐために必要なスキルまとめ

ありがとうを稼ぎ、信頼を稼いでいき、その結果として収入を得る。

これが、マーケティングの実践です。

マーケティングをただ知識として知るのではなく、実践の中で運用するということです。

そして、そのためには自分をメディア化することがとても有効です。

さきほど言ったように、自分の言葉をWeb上に増やしていくので、レバレッジが効くからです。

そうやって、信用をたくさん稼いだ状態で商品やサービスを紹介すると、売上に直結する状態を作ることができます。

アフィリエイターとして稼ぎ続けることを考えても、ビジネスの基本から外れて稼ぐことは、ありえません。

ですから、今後稼ぎ続けるために何が必要かというと

  • マーケティングスキル
  • どういうパターンで稼ぐのか
  • Webの特性を理解しているか
  • ビジネスの基本である稼ぐとはどういうことかを理解しているか

こういったことが今後も稼ぎ続けるために必要になってくると言えます。

アフィリエイターの人口が増えてるはずなのに収入が増えないなぁ、などとデータを見て悩むのはお門違いですし、まわりがそうだから自分もそうなれるはずだ、という根拠のない自信を得ても何の意味もありません。

他人の数字で一喜一憂する前にしっかり自分自身を知ること。

そして、お客のことを知る。

そういったビジネスの基本をしっかりと理解して、あなたがどういうふうに稼いでいきたいかなど、自分の中で考え方をはっきり整えていただくと、良いのではないかと思います。

今回は、アフィリエイターの人口と収入、そして今後も稼ぎ続けるにはどうすればいいかについて、お伝えしました。

ぜひ、これからアフィリエイトをしてみようという方も、今している方も、今後どういうふうに稼いでいきたいのかを考えるきっかけにしていただけたら嬉しく思います。