こんにちは、たろおです。

ぼくは元々、「分かった」と思って納得してからでないと、
なかなか行動に移せない人間でした。

「ああかもしれない」「こうかもしれない」とぐちゃぐちゃ考えて、
成長スピードがすごく遅くなってしまっていました。

ところが、これは、成功者の考えからは、かけ離れていたんですね。

「人間的に成長したい!」「変わりたい!」と思った時には、
成功者の考え方から学ぶのが1番の近道です。

今回は、「分かったと思った時は要注意!」というテーマで、
お話していきます。

人間的に成長したいなら自己分析から始めよう

「分かるようになりたい!」
「変わりたい!」と思った時、
どうすれば実現できるのかという答えは、
すでに自分の中にあるものです。

しかし、その答えを見つけるには、
ある考え方をマスターする必要があります。

まずは、自分自身に問いかけてみましょう。

「あなたは頭だけで理解しようとしますか?とりあえず行動に移しますか?」

もし、とりあえず行動に移すのであれば、成功者のモノの考え方です。

しかし、以前の私と同じように
「分かった」と思えなければ、行動に移せない人がいます。

頭で考えて「分かった」と思ってしまった時。
それは正しい答えではありません。

理屈の中には正しい答えはなく、
全ては行動の中に正しい答えがあります。

つまり、頭で理解しただけでは
「成長したい」と思っても
「変わりたい」と思っても
なかなか望んだ未来は手に入らないのです。

がんばったつもりになっただけで、変われないなんてイヤですよね。

頭だけで分かったと思ったのか、行動して分かったと思ったのか、
これは大きな違いになることを、まずは理解してください。

◯スポーツや芸術も同じ

スポーツをやっていたり、楽器をやっている人は分かりますよね。

頭で分かっても、できるようになりません。

スポーツや芸術だけでなく、ビジネスも同じです。

頭で理解するだけでなく、
反復練習をすることで初めて身についていくものです。

◯分かってから行動すると時間がかかる

ところが、何でも頭で理解しようとする人は、
結果が出るまで時間がかかります。

理由は、行動するまでに時間がかかるからです。

行動しないと気付けないことが必ずありますから、
課題に気付くのが遅れてしまいますね。

そうすると、結果が出るまでに時間がかかってしまうわけです。

変わりたいなら「分かった」状態に留まらないこと

また、もし行動した結果「分かった」と思ったとすれば、
それは1つの正解にたどり着いたと言えるでしょう。

しかし同時に「分かった」レベルが浅い可能性もあると、
知っておく必要があります。

それは、「分かったつもり」になってしまっていることが、
よくあるからです。

◯分かったつもり=気付きが減る

分かったつもりになり、やるべきことをやっている、
という思い込みがあると、謙虚さがなくなり、
自分の課題に気付けなくなります。

結果が出ていればまだましです。

しかし、結果が出ていなければ、そこには原因があるわけで、
何かしら課題を見つけなければいけませんよね。

その課題に気付けないと、結果を出すまでに
どうしても時間がかかってしまうわけです。

まとめ

ビジネスに限らず、勉強にしても、恋愛にしても、
せっかく目標を立てたのなら結果を出したいですよね。

その結果を出すためには、
「人間的に成長したい!」「変わりたい!」
という思いを大切にしてください。

そして、行動を通して自分の課題に気付くことが大切です。

自分の中から答えを見つけるクセを身につけましょう。

それには「ある程度分かった」状態で、
とりあえず行動するのがベストです。

まずは行動しながら、気付きを得て、修正をかけていきましょう。

その繰り返しが、成功への道を最短で歩むルートである、
ということを覚えておきたいですね。

参考記事

小さな変化に気付く人は、ビジネスチャンスを掴むことができる!

それでは、次回もお楽しみに!