新潟に昨年末に引っ越してから、お気に入りの場所が信濃川。

小学校のころから教科書で知ってる、日本一長い川に自転車で行けるのがまだ不思議な感覚です。

春の信濃川は、桜やチューリップが咲いてて、散歩するのに持ってこいのスポットですが、夏にはまた別の楽しみがあります。

今回は夏の信濃川の魅力をお伝えしようと思います。

やすらぎ堤の夏は芝生でのんびり

信濃川沿いは「やすらぎ堤」と呼ばれています。

新潟は基本的に土地が広々としています。

この日本一の長さを誇る信濃川沿いにも、芝生が青々と広がっています。

休みの日になると、この芝生で子供連れの家族が遊んでいたり、カップルが座っていろいろ話していたりします。

で、夏になるとこの芝生にテントが立つんです。

見てください!

この広大な景色!

どどーん!

市内のど真ん中なのに、こんなに広々としていて、まるで日本じゃないみたいです。

欧米映画に出てきそうな、のんびりした場所です。

ちなみに、日本で二番目に長い川ってご存知ですか?

ぼくは知りません(笑)

ブランディングを考える時には、1番と2番ではまったく印象が変わるので、1番を取ることが大事ですが、川も同じですね。

そういえば、日本で2番目に高い山も知らないです(笑)

どこなんでしょうね?

2番目の認知度は、残念ながら、こんな程度だっていうことですね。

夏にはバーベキューなどのお店が並びます

やすらぎ堤には、夏になると、出店が常設されます。

肉や枝豆、新潟の地ビール、ピザ、などを注文して、わいわい楽しみながら食べることができます。

バーベキューができるテントもありますよ。

新潟の枝豆は「茶豆」と言われてて、一般的な枝豆と比べると、かなり味が濃くて美味しいです。

新潟で消費されてしまうので、県外のお店ではなかなか見ることはありません。

普通に地元のスーパーウオロクなどでは売ってるのですが、枝豆コーナーには山盛り売られてます。

新潟県人は、枝豆好きなんでしょうね。

この日は、このやすらぎ堤で、枝豆とビールを楽しみました。

平日も夜10時まではお店が開いてます。

夏の夜の信濃川沿いは、景色もキレイですし、風も心地いいので、ずっとのんびりできます。

信濃川は春も最高でしたが、夏もまた最高です。

夏に新潟市内に来ることがあれば、ぜひ信濃川沿いで過ごす時間を予定に入れてくださいね。

ビッグスワンスタジアム

先日、名古屋から友人が遊びに来たので、一緒にサッカー観戦に行ってきました。

新潟はアルビレックス新潟というJリーグチームがあります。

J2チームということもあり、有名な選手は残念ながらいません。

ですが、熱心な地元のファンが盛大な応援をしていました。

出場選手を見てると、海外選手もいたのでネットで調べてみると、ブラジルのサンパウロから来ている選手でした。

サッカーは国籍が関係なくていいですね。

趣味でやってるダンスのサルサも国籍も言葉も関係ないので、スポーツの趣味を持ってると幅が広がります。

ブログばっかり書いてないで、体を動かすことも大事だと思います(笑)

新潟は春が長かった

7月15日過ぎくらいから、ようやく夏に入った感じがします。

なので、春が長かったな~という感じです。

4月から6月いっぱいまで、気持ちいい春がずっと続いていました。

福岡に住んでたころは、6月にはもう蒸し暑くて、夏~という感じでした。

新潟は福岡よりも1ヶ月遅れで夏になった感じです。

夏に入ってからは、気温も30°を余裕で越えますし、蒸し暑さもありますし、日差しもキツイので、別に北国という感じはまったくありません。

特に変わらない夏、です。

でも、きっと秋の始まりも早いんだろうな、と思います。

新潟での初めての夏を満喫しようと思います。